【FFRK】極焉ルルサスのルシたる審判者の行動順と攻略ポイント

FFRKのクリスタルダンジョン古記の扉ボス【極焉】ルルサスのルシたる審判者の行動順と、攻略ポイントを記載。サンプル動画も掲載しています。

極焉ルルサスのルシたる審判者の行動順と攻略ポイント

クリダンFF零式

こんばんは、まろにぃです( ˙꒳˙ )

2022年7月15日にクリスタルダンジョン古記の扉にて、FF零式のルルサスのルシたる審判者が追加され……名前長いわっ!

今回も行動順を見ていきましょう。

行動順(FF零式キャラ数5人共鳴で検証)

フェーズ1

本体HP…約1,111万/時空歪曲モードHP…約1,400


シェルが有効な行動あり


・指定キャラで一部行動の変化はなし

 

  1. 【極焉】縦斬り
  2. サンダガ
  3. 【凶】グラビガ(現在HP割合)
  4. 恐怖煽動(継続ダメ/約0.2秒)
  5. 【凶】アンチヒール(回復量減少/約0.2秒)
  6. 【極焉】審判の雷
  7. 4連フレア(4/5番。4連)
  8. 【凶】メテオ
  9. 【極焉】審判の手
  10. サンダガ
  11. 【凶】グラビガ(現在HP割合)
  12. 【極焉】アルテマ
  13. 【極焉】最終幻想(麻痺+スロウ+行動キャンセル)
  14. グラビラ(現在HP割合)
  15. グラビラ(現在HP割合)
  16. 【極焉】メモリーエンド(強制全滅)

フェーズ2(HP70%以下)

HP70%以下でフェーズ移行
└【凶】フルブレイク使用+狂式Lv3付与


・フェーズ2突入時の超過ダメージは0

 

  1. 【凶】フルブレイク(攻撃&魔力&防御&魔防↓)
  2. 【極焉】アンチヒール(回復量減少/即時)
  3. 4連サンダガ(4連)
  4. 【極焉】グラビガ(現在HP割合)
  5. 恐怖煽動(継続ダメ/約0.2秒)
  6. 縦斬り
  7. 【極焉】審判の雷
  8. 【極焉】グラビガ(現在HP割合)
  9. 薙ぎ払い(約0.2秒)
  10. 【極焉】アルテマ
  11. 【極焉】メモリーエンド(強制全滅)

 

時空歪曲モード(HP40%以下)

・HP40%以下で時空歪曲モードに突入


・モード突入時の超過ダメージは0


・約5秒後に最終フェーズへ移行


・時空歪曲モードで削ったHPに応じてルルサスのルシたる審判者にペイン付与
(恐らくHP半分以下から10%刻みでペインLv5→6→7→8→9→10付与)

 

  1. 【極焉】雷放射
  2. 【極焉】審判の連雷(4連)
  3. 【凶】サンダジャ

フェーズ3(時空歪曲モード終了後)

・時空歪曲モード終了時に最終フェーズ突入


【極焉】フルブレイク使用+狂式Lv4付与


【極焉】破滅の光条(行動キャンセル)の現在確認した効果
└敵のペインLv0→全体に付与/ペインLv9→3番/ペインLv10→なし/他未検証


【極焉】最後の審判
└敵のペインLvに応じて付与するペインLv変化(敵ペインLv9→味方Lv1)

 

  1. 【極焉】フルブレイク(攻撃&魔力&防御&魔防↓)
  2. 【極焉】アンチヒール(回復量減少/即時)
  3. 【極焉】破滅の光条(ペイン数に応じて行動キャンセル/約0.03秒)
  4. 4連フレア(4/5番目。4連)
  5. 恐怖煽動(継続ダメ/約0.2秒)
  6. 【極焉】縦斬り
  7. 薙ぎ払い(約0.2秒)
  8. 【極焉】最後の審判(ペイン付与)
  9. 【凶】サンダジャ
  10. 【極焉】審判の手
  11. 審判の力(ペイン回復/約0.2秒)
  12. 【極焉】最終幻想(麻痺+スロウ+行動キャンセル)
  13. グラビラ(現在HP割合)
  14. グラビラ(現在HP割合)
  15. 【極焉】メモリーエンド(強制全滅)

攻略ポイント

HP高いけど軽減率は低め?

ルルサスのルシたる審判者(長いので以下審判者)の本体のHPは約1,111万、時空歪曲モードはHP1,400万と、2022年7月までに実装されたクリダンボスの中でも、HPがダントツで高く設定されています。

代わりに、軽減率は低く設定されてると感じるので、レムでも十分与ダメに期待が持てます。

4連攻撃多め

審判者戦では、4/5番目への4連フレアをはじめ、フェーズ2の1手目で4連サンダガ、時空歪曲モードの2手目に【極焉】審判の連雷と、4連攻撃が多めです。

特に4連サンダガと【極焉】審判の連雷は全体がターゲットとなるため、ゲージは比較的稼ぎやすいです。

ただし、【極焉】審判の連雷は1Hit2,000以上のダメージを受けるため、事前に回復しておくか、デュースの十八番である攻撃無効バリアを展開しておくのがおすすめです。

行動キャンセルあり

【極焉】破滅の光条

ケフカ戦と同じく、フェーズ3突入直後に、敵のペインレベルに応じて行動キャンセルを付与する【極焉】破滅の光条を使用します。

ペインLv10を付与できれば【極焉】破滅の光条は発動しないのでスルー出来ますが、ペインLv9以下は行動キャンセルを受けてしまうので注意しましょう。

現状、ペインLv9で3番、ペインなしで全体を確認しています。

フェーズ3の薙ぎ払い直後に狂式Lv4付与

薙ぎ払い 薙ぎ払い直後の狂式Lv4

 

審判者はフェーズ3で【極焉】縦斬り→0.2秒ほどで薙ぎ払いを使用しますが、狂式を付与していなくても一気にLv4になるため、割るまでは耐久力が大幅に上がります。

記憶違いでなければ、今まではフェーズ3移行直後以外では、狂式解除された状態から即狂式Lv4になるボスはいなかったはず?(Lv1以上から加算されることはもちろんありましたが)

真奥義などを打つタイミングを事前に確認しておきましょ。

他行動でも狂式Lv4になる行動がありそうですが、未検証です。

攻略パーティ(30秒切り)

極焉ルルサスのルシたる審判者30秒切り
30秒切り
極焉ルルサスのルシたる審判者30秒切り構成
タップして開く
極焉ルルサスのルシたる審判者30秒切りヒスクリ
ヒスクリLv130

 

フレンドは絆ヒストリアです。ATBバフがある3キャラを問答無用で使いました。

当初予定していたD覚醒持ちのマキナはお留守番です、残念。

セーファ・セフィロスに比べるとかなり柔らかかったので、デュアル×シンクロのレムが通ったのはありがたかった……。まぁ、どのボスも時空歪曲まではそこそこ柔らかいんですけどね。

フルブレも無視できますし、攻撃し続けられるのは大きかったと思います。

サンプル動画

上の構成での30秒切りのサンプル動画です。エースはシンクロ2を使いましたが、シンクロ1でも代用できると思います。

デュースの専用アビ1はバフが入るので使いたかったんですが、レム加速のために使用する暇がなさ過ぎてアレグロ連打する羽目に。覚醒2が欲しい人生だった。

あとがき

極焉ルルサスのルシたる審判者の行動順について綴ってきました。

今回はとにかくHPを高くする代わりに軽減率を控えめにして、火力が不足しそうなキャラにもダメージを通りやすくしたイメージです。

耐久を下げる手段が結構豊富なシリーズですし、ATBキャラ3体いるし、そもそもキャラ多いしであえてHPだけ上げるという特徴を出したのかなと思います。

代わりに、最終フェーズの固定された行動(ペインレベルに応じた行動キャンセルやペイン付与等)を除けば、ケフカのようにコンフュやデスペルといった厄介な行動も全くないですしね。

リアルも忙しすぎてブログできないだろうなーって思ってましたが、今回も無事終われてホッとしています。約2週間ぶりのブログで大変恐縮ですが……。

フォローはこちら